Raynaud現象

手指や足先の小動脈が寒冷刺激やストレスに反応して発作的に収縮することによって起こる局所的末梢障害。
指先が血流不足となり、蒼白になる。

Raynaud現象をきたす疾患≫
強皮症、混合性結合組織病(MCTD)の90%、SLEの30%、多発性筋炎・皮膚筋炎の10%。
その他、結節性多発動脈炎、シェーグレン症候群、悪性リウマチでも見られる。
β-blockerやエルゴタミンなどの血管収縮薬でも見られることがある。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…