Raynaud現象

手指や足先の小動脈が寒冷刺激やストレスに反応して発作的に収縮することによって起こる局所的末梢障害。
指先が血流不足となり、蒼白になる。

Raynaud現象をきたす疾患≫
強皮症、混合性結合組織病(MCTD)の90%、SLEの30%、多発性筋炎・皮膚筋炎の10%。
その他、結節性多発動脈炎、シェーグレン症候群、悪性リウマチでも見られる。
β-blockerやエルゴタミンなどの血管収縮薬でも見られることがある。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…