尿崩症

≪病態≫

バソプレシン分泌障害(中枢性)またはバソプレシン不応性(腎性)のため、腎集合管における水再吸収が障害され、多尿(1日3L以上)と口渇、多飲を呈する疾患。

心因性多飲症との鑑別が重要となる。

≪症状≫

多尿、口渇感、多飲

≪治療≫

中枢性:デスモプレシン点鼻

腎性:サイアザイド系利尿薬、NSAIDs

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…