尿崩症

≪病態≫

バソプレシン分泌障害(中枢性)またはバソプレシン不応性(腎性)のため、腎集合管における水再吸収が障害され、多尿(1日3L以上)と口渇、多飲を呈する疾患。

心因性多飲症との鑑別が重要となる。

≪症状≫

多尿、口渇感、多飲

≪治療≫

中枢性:デスモプレシン点鼻

腎性:サイアザイド系利尿薬、NSAIDs

注目の記事

色素上皮剥離

pigment epithelial detachment :PED 検査所見 眼底像 色素上皮層の隆起として検眼鏡的に判別できるが、小さいものなどまれにポリープ状脈絡膜血管症 (PCV)のorga …続きを読む…