川崎病

川崎病

4歳以下の乳幼児に多く見られる全身性の血管炎。粘膜表皮リンパ節腫張と呼ばれていた症候群が、1960年代に独立疾患として認知され、発見者の名を取って命名された。原因は不明。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…