川崎病

川崎病

4歳以下の乳幼児に多く見られる全身性の血管炎。粘膜表皮リンパ節腫張と呼ばれていた症候群が、1960年代に独立疾患として認知され、発見者の名を取って命名された。原因は不明。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…