悪性リンパ腫

≪病態≫
リンパ節やその外でリンパ組織の細胞が腫瘍化したもの。
≪症状≫
頸部リンパ節の圧痛を伴わない腫脹を気づかれることが多い。
発熱、盗汗、体重減少がB症状(分類参照)としてみられる。
≪検査≫
LDH↑、可溶性IL-2受容体抗体↑、CRP↑
進展度を調べるため、CTや核医学検査が施行されるが、確定診断はリンパ節生検による。
≪分類≫
病気分類としてはAnn Arbor分類が用いられ、
StageⅠ:1つのリンパ節領域もしくは1つの非リンパ組織の浸潤
StageⅡ:横隔膜の一側での2つ以上の領域の浸潤
StageⅢ:横隔膜の両側に渡る限局性浸潤
StageⅣ:腫瘍組織の全身びまん性浸潤
また、上記のB症状を認めない場合はStageⅠA、認める場合はStageⅠBなどとなる。
組織学的分類としては、Hodgkin細胞やReed-Sternberg細胞の出現を特徴とするHodgkinリンパ腫と、それらの認められない非Hodgkinリンパ腫に大別される。Hodgkinリンパ腫はリンパ細胞の所見から、リンパ球豊富型、結節硬化型、混合型、リンパ球減少型に分けられ、リンパ球が少ない方が予後が悪い。非Hodgkinリンパ腫も組織所見によって細かく分類されるが、最も多いのはびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫、次に濾胞性リンパ腫である。
≪治療≫
Hodgkinリンパ腫は放射線に対する反応も良く、Stageが低い間は放射線も選択される。
化学療法としてはHodgkinリンパ腫でABVD療法が、非Hodgkinリンパ腫ではR-CHOPが選択されることが多いが、標準的な治療法は定まっていない。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…