帯状疱疹角膜炎

水痘・帯状疱疹ウイルス感染が三叉神経領域に沿って生じ、角膜炎をきたす。


臨床


  • 点状びらんや角膜潰瘍がみられ、虹彩毛様体炎を併発することもある。

治療


  • アシクロビルの点眼を行う。
  • 角膜実質炎や虹彩毛様体炎にはステロイドを併用する。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…