急性中耳炎

主に上気道感染に引き続いて最近が耳管経由で中耳に感染する炎症性疾患である。乳幼児に後発し、起因菌としては肺炎球菌(50%)、インフルエンザ杆菌(40%)、連鎖球菌、ブドウ球菌などがある。
症状・・・発熱、耳痛、伝音難聴、耳鳴、不機嫌な様子が見られる。進行し鼓膜穿孔が生じると、耳漏の出現、耳痛の軽快や解熱が見られる。
所見・・・鼓膜所見で、鼓膜の発赤、腫脹が見られる。
治療・・・鼓膜切開による排膿が重要。不十分な排膿は慢性化の原因となる。
また抗菌薬の全身投与または点鼻を行う。

 

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…