春季カタル

眼瞼結膜の乳頭増殖、浮腫を生じるⅠ型およびⅣ型アレルギー疾患である。
眼瞼型と眼球型がある。
重症化すると角膜潰瘍がみられる。
アトピー素因をもつ学童期の男児に多く、春や秋に増悪し、冬には寛解する。


臨床


  • 眼の著しい瘙痒感があり、粘稠な眼脂(好酸球多数)がみられる。
  • 角膜障害を伴うと、羞明、異物感、流涙などが出現する。
  • 眼瞼型では、上眼瞼結膜に石垣状の乳頭増殖を認める。
  • 眼球型では、膜輪部に円形の潰瘍や白色のプラークを形成することもある。

治療


  • ステロイド、抗アレルギー薬、免疫抑制剤(タクロリムス)の点眼を行う。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…