朝顔症候群

≪所見≫

視神経乳頭先天異常。原因不明。

視神経乳頭部の拡大と陥凹した所見が朝顔の花に似ている。

片眼性で、乳頭部は大きく拡大し、漏斗状の陥凹があり、陥凹内に白色組織を認める。

網膜血管は狭細で多く、直線的、放射状に走行。

網脈絡膜委縮を伴うことが多い。

 

視力は不良なものから良好なものまで様々。

網膜剥離を合併することあり、定期的な眼底検査が必要。

 


《治療法》

網膜裂孔が視神経乳頭の近傍に位置することが多い。

①乳頭周囲に光凝固

②硝子体手術



注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…