ピーターミッチェル

ピーターミッチェル

イギリスの生化学者(1920-)

ケンブリッジ大学卒業後、助手として5年勤務後、1956年エジンバラ大学講師になる。1960年、助教授の職を得ることができなかったため、大学を去る。1961年、ミトコンドリア膜を挟んだ水素イオンの濃度勾配がATP合成の原動力となる、という、「化学浸透説」をNatureに発表したが、当時の常識に反していたため全く反応がなかった。当時の理解者は大学時代の同級生一名だけだった。 1962年、イギリス南部のボドミンに自らグリン研究所を設立した。1978年ノーベル化学賞を受賞。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…