海綿腎(sponge kidney)

〈概念〉

腎錐体部に小嚢胞を多発する先天異常である。

〈症状〉

両側性が多く、30歳代以降で男性に発見されることが多い。

通常は無症状で経過するが、嚢胞内に結石を形成しやすく、感染を合併し、発熱、疝痛、血尿を呈する。

〈検査/診断〉

IVPにて、乳頭部に

花房状陰影(brushing

多発性結石(腎石灰化症:nephrocalcinosis

2つの特徴的所見がみられる。

腎機能は保たれる。

〈治療〉

結石症と感染に対する治療を行う。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…