海綿腎(sponge kidney)

〈概念〉

腎錐体部に小嚢胞を多発する先天異常である。

〈症状〉

両側性が多く、30歳代以降で男性に発見されることが多い。

通常は無症状で経過するが、嚢胞内に結石を形成しやすく、感染を合併し、発熱、疝痛、血尿を呈する。

〈検査/診断〉

IVPにて、乳頭部に

花房状陰影(brushing

多発性結石(腎石灰化症:nephrocalcinosis

2つの特徴的所見がみられる。

腎機能は保たれる。

〈治療〉

結石症と感染に対する治療を行う。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…