医師法

1948年施行の法律で、医師の職務の範囲と義務を規定する。6章33条からなり、第1条には医師の使命(医師は、医療及び保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。)、第2-8条には免許、第9-16条には試験と臨床研修、第17-24条には業務、第31-33には罰則が規定されている。歯科医師に適用される対応法規として歯科医師法がある。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…