滴状角膜

【所見】 デスメ膜から前房側に突出した塊。両眼対称性で、角膜中央後面に金色の微細なくぼみ。 色素沈着を伴うここともある。Beaten metal appearance。

【症状】 無症状。中高年に多い。

【原因】 何らかのストレスをうけた内皮細胞より産生されたコラーゲン様物質が、デスメ膜と内皮細胞の間に蓄積する。

【検査】 スペキュラマイクロスコープでは、dark area。周りの内皮細胞の形状は正常。

【治療】 特になし。 ただし、Fucks角膜内皮ジストロフィーの初期の滴状角膜では進行して内皮機能不全になる。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…