鉄欠乏性貧血(iron deficiency anemia)

≪病態≫
鉄欠乏によりヘモグロビン合成が障害され、小球性低色素性貧血となる。

≪原因≫
消化管における鉄吸収の低下(胃切除後、吸収不良症候群など)
鉄の排泄(月経過多や消化管出血など)
鉄必要量の増加(成長期や妊娠など)
※原因の特定が重要である!

≪症状≫
血清鉄↓、血清フェリチン↓、TIBC↑、UIBC↑
貧血による全身倦怠感、めまい、収縮期心雑音
異色症がみられることもある。

≪合併症≫
Plummer-Vinson症候群:口角炎、嚥下障害、舌乳頭萎縮を合併した鉄欠乏性貧血

≪治療≫
鉄剤投与:血清鉄、血清フェリチンの順に数値が正常化する。Hb値が正常化しても、血清フェリチンの正常化を認めるまで服薬を継続する。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…