灰白質gray matterと白質white matter

中枢神経系において、神経細胞体nerve cell bodyが集まる部分を灰白質、有髄神経線維が集まる部分を白質という。後者が白色を呈するのは髄鞘myelin sheathが脂肪を多く含むことによる。大脳cerebrumや小脳cerebellumでは灰白質が表層、白質が深部に位置するが、深層中にも灰白質の塊があり、核nucleiと呼ばれる。なお、脊髄spinal cordでは灰葉区質が中央に位置し、その周囲を取り囲むように白質が存在する。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…