散弾状脈絡網膜炎

40歳以上の女性に多い。

HLA-A29と関連あり。

 

≪所見≫

後極部から赤道部に1/4から3/4乳頭径の黄白色斑が多発し、次第に脱色素、委縮斑になる。

これを何度か繰り返して委縮荘を広げていく。

視神経にも浮腫が発生し、次第に委縮する。

 

≪検査≫

FA:早期 低蛍光  後期 過蛍光

ERG: b波振幅減弱

EOG: L/D比はsubnormal

色覚異常、暗順応反応異常あり。

 

≪治療≫

ステロイド

 

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…