片眼性網膜色素変性

≪特徴≫

片眼に定型網膜色素変性の所見を持つが、もう片眼には異常を認めないもの。

続発性網膜色素変性を除外診断できたもの。

 

 

≪遺伝形式≫

孤発例がほとんど。

 

≪症状≫

片眼の夜盲や視野狭窄。視力は比較的良好に保たれるが徐々に進行する。

 

 

≪検査≫

患眼はERGでnon recordable。健眼は正常。

 

 

 

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…