Kasabach-Merritt症候群

先天性に見られしばしば進行性に見られる増大する血管腫と、著明な血小板減少および全身性の紫斑を呈する疾患で、ほとんどが乳児期に発症する。
病態としては、巨大血管腫の異常な血管内皮による血小板および凝固の活性化が起こり、フィブリノーゲンなどの凝固因子の低下による消費性凝固障害が起こる。その結果、出血傾向を示し、時にDICに至る。
出血傾向と動静脈短絡による心不全予防対策が予後を左右する。
治療は、低線量のX線照射、栄養血管結紮術または腫瘍切除術を行う。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…