収縮性心膜炎(constritive pericarvitis)


心外膜が石灰化することによっておこる。原因としては特発性、ウイルスや結核菌による心膜炎が多い。所見としては拡張障害による頻脈と脈圧低下、右心不全症状、呼吸困難、吸気時増悪(クスマウルサイン、奇脈)と心タンポナーデと同じである。聴診では石灰化した心膜が心臓にぶつかる心膜ノック音が聴取される。X線では心膜石灰化が認められ、右室圧曲線ではdipplateau patternを認める。治療としては心膜の石灰化している部分を外科的に切開する。



注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…