突発性発疹

《疫学》
6ヶ月~2歳の乳幼児に好発する、HHV6,7型ウイルスが原因
《症状》
・発熱:前駆症状なく突然の高熱から始まり3~4日続く
・斑状丘疹:解熱と同時期に体幹に出現し、頸部・項部、顔、四肢の順に拡がる
・白血球減少、相対的リンパ球増多
・不機嫌、嘔吐、下痢を伴う
・大泉門膨隆をきたすこともある
《治療》
対症療法

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…