電気性眼炎

溶接や殺菌灯の紫外線によって起こる、びまん性の表層角膜炎である。
スキーや雪山登山によって起こるものは雪眼炎(ゆきめ)と呼ばれる。

症状



光線暴露後6〜24時間で発症し、眼痛、流涙、羞明を認める。
結膜は充血し、点状表層角膜炎を呈し、フルオレセイン染色にて角膜表面が微細点状に染まる。

治療



1〜2日で自然治癒する。
自然治癒を防げないように抗菌薬の点眼を行う。
虹彩炎や角膜浮腫が強い場合には、ステロイド、散瞳薬(アトロピンなど)の点眼を追加する。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…