Churg-Strauss症候群

チャーグストラウス症候群

概要
血管炎症候群の一つであり、気管支喘息、好酸球増加、小血管の壊死性血管炎による症状が生じる。

病態
多くの場合に、アレルギー性鼻炎や気管支喘息と末梢血好酸球増加が先行し、その後、心外膜炎、心タンポナーデ、脳出血、脳梗塞、消化管出血などを呈する。血管炎として、多発単神経炎、多発神経炎をきたし、総腓骨神経、尺骨神経障害が多い。

検査
血液検査では、赤沈、CRPなどの炎症反応の亢進、好酸球、IgEの増加をきたす。MPO-ANCAが陽性となり、その抗体価は病勢と関連する。

治療
副腎皮質ステロイドが有効である。急速進行例にたいしては、免疫抑制療法や血漿交換療法も併用される。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…