経頸静脈的肝内門脈静脈短絡術(TIPS:transjugular intrahepatic portosystemic shunt)

経皮的に頸静脈から下大静脈を経て右肝静脈にカニューレを挿入し、右肝静脈から右門脈枝を穿刺し、ステントを留置する。肝内で物理的に門脈‐下大静脈シャントを形成し門脈圧を下げる方法。

注目の記事

救急医療のABC

救急医療のABC 救急医療の基本的な介入順序として重要なのが、 Airway management 気道確保 Breathing support 呼吸補助 Circulation stabiliza …続きを読む…