結膜のう胞

結膜上皮細胞で覆われた袋状の中に、液状のまたは寒天状の内容物を持ったもの。

可動性の透明な良性の腫瘍。

外傷、炎症、手術などの際、結膜上皮細胞が結膜内に迷入し増殖、発生する。

まれに、寄生虫(クラミジアなど)が原因の場合もある。

【治療】 良性なので、違和感がなければそのまま経過観察。

違和感が出現したり、整容的に問題になれば摘出手術を行う。穿刺ではすぐに再発することが多く、全摘出術が望ましい。のう胞内に100%無水アルコールを注入にて上皮細胞を死滅させる方法もある。

注目の記事

色素上皮剥離

pigment epithelial detachment :PED 検査所見 眼底像 色素上皮層の隆起として検眼鏡的に判別できるが、小さいものなどまれにポリープ状脈絡膜血管症 (PCV)のorga …続きを読む…