ドイツの医療保険

国民皆保険制度の日本とは異なりドイツでは、公的保険に9割の国民が加入し、民間保険に残りの一割の国民が加入する。後者に加入するのは公的保険への加入が義務付けられていない自営業者・公務員・高所得の会社員である。医師に支払われる診療報酬は、民間保険加入患者の方が多く、数倍になる。また公的保険では高価な治療や検査の適用を渋りがちで、割り当て予算を超えた費用は医師側の負担となる仕組みもあり、民間保険の加入者が医療機関に優遇される傾向がある。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…