ドイツの医療保険

国民皆保険制度の日本とは異なりドイツでは、公的保険に9割の国民が加入し、民間保険に残りの一割の国民が加入する。後者に加入するのは公的保険への加入が義務付けられていない自営業者・公務員・高所得の会社員である。医師に支払われる診療報酬は、民間保険加入患者の方が多く、数倍になる。また公的保険では高価な治療や検査の適用を渋りがちで、割り当て予算を超えた費用は医師側の負担となる仕組みもあり、民間保険の加入者が医療機関に優遇される傾向がある。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…