3類感染症

危険性は高くないが特定職業への就業制限が必要な感染症。
感染症法で定められている。

1.腸管出血性大腸菌感染症(O157)
2.コレラ
3.細菌性赤痢
4.腸チフス
5.パラチフス

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…