3類感染症

危険性は高くないが特定職業への就業制限が必要な感染症。
感染症法で定められている。

1.腸管出血性大腸菌感染症(O157)
2.コレラ
3.細菌性赤痢
4.腸チフス
5.パラチフス

注目の記事

色素上皮剥離

pigment epithelial detachment :PED 検査所見 眼底像 色素上皮層の隆起として検眼鏡的に判別できるが、小さいものなどまれにポリープ状脈絡膜血管症 (PCV)のorga …続きを読む…