網状赤血球

赤血球の前駆体であり、正染性赤芽球から核が押し出された後にできる。無核の細胞で直径は7〜8μm、細胞質はピンク色に染まる。網状に見える部分は、残余ポリソームである。骨髄中に1日ないしは2日とどまり末梢血中に遊離し、1日循環したのちに成熟赤血球となる。また網赤血球とも言う。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…