Sweet病

1,発熱
2,好中球増多を伴う末梢白血球増多
3,顔面・頸部・四肢に好発する有痛性隆起性紅斑

を特徴とする。

造血器悪性腫瘍や自己免疫性疾患の合併症に注意する。

鑑別診断として、
多形滲出性紅斑、結節性紅斑
などが重要である。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…