網膜剥離

10層からなる網膜のうち、最外層の色素上皮層から剥がれた状態である。
復位後も視機能の完全な回復は難しい。
裂孔原性と非裂孔原性とに大別されるが、一般に網膜剝離といえば裂孔原性網膜剝離を指す。
網膜剝離の分類
裂孔原性:過度の近視、加齢、外傷(アトピー性皮膚炎に伴う眼の瘙痒感に対する物理的刺激も含む)など(網膜裂孔から液化した硝子体が網膜下に入って生じる)
非裂孔原性(その他) :
滲出性: Vogt-小柳-原田病、中心性漿液性脈絡網膜症
牽引性:糖尿病網膜症、未熟児網膜症、穿孔性眼外傷など(眼内増殖組織による牽引によって生じる)

症状

  • 感覚網膜はその栄養を色素上皮層に依存しているために、両者の間に隙間が生じると変性を起こし、視機能の低下ひいては失明につながる。
  • 自覚症状としては光視症や飛蚊症(いずれも裂孔原性に多い)、不規則な視野欠損などがある。
  • 剝離が黄斑部に及べば急激な視力低下を訴える。
  • 好発部位は上耳側で、視野欠損は下から始まり上方に広がることが多い。

検査、診断

  • 眼底検査により、網膜裂孔(裂孔原性の場合のみ)や網膜剝離を認めることが確定診断となる。
  • 眼球の超音波検査(Bモード)、網膜電図(ERG)、光干渉断層法(OCT)も有用である。
  • 眼圧の低下がみられることが多い。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…