線維腺腫

〈概念〉

乳房の結合組織性成分と上皮性成分の過剰増殖による良性結節病変。

乳腺症、乳癌と並んで最もよく遭遇する乳腺疾患の1つである。

好発年齢は2030歳代で、乳腺症、乳癌より若年に位置する。

悪性化は極めてまれ。

〈好発〉

2030歳代の女性

〈症状&検査〉

触診:乳房に片側~両側性に平滑、境界明瞭で、可動性良好な腫瘤を認める。

超音波検査:境界明瞭で内部均一な腫瘤

マンモグラフィ:辺縁明瞭な腫瘤陰影

〈治療〉

基本的には治療は不要であり、経過観察

成長が急激なとき、あるいは大きい場合、腫瘍核出術で摘出する。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…