内分泌性視神経症

甲状腺眼症の6~7%。

外眼筋の肥大による、視神経の機械的圧迫による視神経症、循環障害。

 

≪所見≫

視神経の発赤、腫脹。網脈絡膜のひだ。

 

 

≪検査≫

視野 中心暗点、傍中心暗点。進行すると周辺視野の狭窄。

CT,MRIで外眼筋の肥大。

 

≪治療≫

甲状腺眼症の治療。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…