内分泌性視神経症

甲状腺眼症の6~7%。

外眼筋の肥大による、視神経の機械的圧迫による視神経症、循環障害。

 

≪所見≫

視神経の発赤、腫脹。網脈絡膜のひだ。

 

 

≪検査≫

視野 中心暗点、傍中心暗点。進行すると周辺視野の狭窄。

CT,MRIで外眼筋の肥大。

 

≪治療≫

甲状腺眼症の治療。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…