内分泌性視神経症

甲状腺眼症の6~7%。

外眼筋の肥大による、視神経の機械的圧迫による視神経症、循環障害。

 

≪所見≫

視神経の発赤、腫脹。網脈絡膜のひだ。

 

 

≪検査≫

視野 中心暗点、傍中心暗点。進行すると周辺視野の狭窄。

CT,MRIで外眼筋の肥大。

 

≪治療≫

甲状腺眼症の治療。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…