塩谷信男

塩谷信男

しおやのぶお(1902-2008) 

医師(内科)

山形県生まれ。1928年東京帝国大学医学部卒業。1930年京城帝大医学部助教授を経て、1931年に東京都渋谷区に内科医院を開業した。以降50年間に渡って開業医として診療を行った。診療の傍ら、ヨーガ・座禅・気功・丹田式呼吸など、世界各地の呼吸法を40年間に渡って研究し、60歳のときに編み出した「正心調息法」という瞑想と暗示と呼吸法を組み合わせた健康法を実践開始し、65歳でゴルフのシングルプレーヤになり、75歳でエベレストの登頂に成功。87歳、92歳、84歳のとき、ゴルフでホールインワンより難しいと言われるエージシュートを達成。100歳を超えてゴルフをすることで自らその健康法の証明を行った。健康法の考案者が、自ら100歳まで生きた極めて稀な例で、2008年3月14日、105歳356日で逝去。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…