脈絡膜悪性黒色腫

成人の代表的原発性眼内悪性腫瘍であるが、日本人の発生頻度は白人に比べると低い。
通常片側性に発症し、発症初期は無症状のことが多い。

症状

症状は腫瘍が生じる部位によって異なるが、腫瘍の周囲に生じた非裂孔原性網膜剥離による視力低下や視野欠損が主である。

検査

眼底検査にて、ドーム状、半球状、茸状に隆起した褐色〜黒褐色の腫瘤と、その周囲の網膜剝離がみられるエコー、CT、MRIでも腫瘤を確認できる。

治療

  • 小さいものでは経過観察またはレーザー光凝固や放射線療法、局所切除術を行う。
  • 大きいものの場合は眼球摘出を行う。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…