MVCの歴史

MVCの歴史

MVCメディカルベンチャー会議は、互助的な医療実務の研究会として、2004年2月に大阪で生まれた発足した。毎月一度、MVC定例会として、法律・会計・経営・情報通信技術など各界の専門家を講師に招き、受講者20名程度の小規模なセミナーを開催した。2006年4月より、東京でも定例会を開催し、その輪は関東にも波及した。2006年8月には、「医療実務の研究会を通じて、医療人の人的・知的交流を活性化させ、医療水準の向上に貢献する」を理念に京都府より非営利特定活動法人(NPO)設立の認可を得た。2006年9月にはインターネット上の自由な医学辞典メディペディアを開設した。2007年3月には国際的な人的・知的交流を目的として、定例会にウィキペディアプロジェクトの創始者J.Walesを講師に招き、情報通信技術の活用方法について情報交換をした。2007年4月現在、正会員は12名、セミナー開催回数は通算35回、セミナー受講者は延べ700名である。

MVC(Medical Venture Conference) is a non-profit organization in Japan mainly attended by medical docotors. Its mission is to hold innovative and practical seminars and to stimulate intellectual and human interactions in the healthcare field, and to contribute to the higher medical level in Japan. It was founded as a mutual-aiding seminar of medical doctors in Feb.2004 in Osaka, Japan. Small seminars about practical knowledge that is useful for clinicians have been held 35 times in Osaka and in Tokyo up to now. In Aug.2007, MVC was given a legal entity by Kyoto prefecture. In addition to the seminars, MVC started a free medical dictionary project named "Medipedia" in Sep.2006. Mr.Jimmy Wales, the founder of the Wikipedeia project, attended the 32nd MVC monthly seminar in Tokyo on Mar.10 2007 as a lecturer. MVC will continue to be the information center of medical innovation and is looking forward to invite international lecturers on healthcare and medical field to make further intellectual and human interactions.

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…