大動脈瘤

≪病態≫
大動脈の一部の局所または全周が正常の範囲を超えて(約1.5倍)拡張した状態。
(胸部で3mm、腹部で2.5mm)

≪壁の正常≫
真性:動脈壁3層でできた瘤
仮性:動脈外にできた腔
解離性:中膜が解離することによりできた腔

≪瘤の形態≫
嚢状と紡錘状がある。嚢状のほうが破裂のリスクが高い。

≪手術≫
大動脈瘤は破裂のリスクがあるため、以下の要件を満たす時、手術の適応となる。
・胸部大動脈瘤で6cm以上、腹部大動脈瘤で5cm以上(嚢状の場合、それ以下でも)
・拡大傾向にあるもの。
・高齢や、その他合併症など、手術のリスクが高くないもの。

開胸手術以外に、カテーテルによるステント留置術も行われている。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…