腸リンパ管拡張症

《臨床像》
リンパ流の停滞により、乳び様腹水・胸水を呈する。(低蛋白血症)
食事中の過量の脂肪は乳びの腸管漏出を増加させるため、食事中の脂肪を減らすと症状が軽減する。
《検査》
小腸X線所見で、粟粒大~小結節大までの透亮像を多数認める。
α1-アンチトリプシン試験、小腸内視鏡で広範囲に無数の散布性白点。
《治療》
蛋白漏出による浮腫に対して、アルブミン製剤、食事療法を行う。中鎖脂肪を主成分とする成分栄養が有効である。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…