多嚢胞性卵巣症候群

<概念>

両側卵巣の多嚢胞性腫大に、無月経・不妊などえお伴う疾患

<疫学>

頻度は排卵障害の1割以上を占める。10~30代に多い。

<症状>

・月経異常

・不妊

・男性化徴候:多毛、にきび、低音化

・肥満

・インスリン抵抗性

<検査>

LH基礎値↑、FSH基礎値

血中男性ホルモン↑

経膣超音波検査で卵巣の肥大と多数の嚢胞

<治療>

・肥満がある場合はまず減量。

・挙児希望がある場合は排卵誘発を目的としてクロミフェン療法。クロミフェン療法無効例にはゴナドトロピン療法。それでも無効の場合は腹腔鏡下卵巣多孔手術。

 

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…