多嚢胞性卵巣症候群

<概念>

両側卵巣の多嚢胞性腫大に、無月経・不妊などえお伴う疾患

<疫学>

頻度は排卵障害の1割以上を占める。10~30代に多い。

<症状>

・月経異常

・不妊

・男性化徴候:多毛、にきび、低音化

・肥満

・インスリン抵抗性

<検査>

LH基礎値↑、FSH基礎値

血中男性ホルモン↑

経膣超音波検査で卵巣の肥大と多数の嚢胞

<治療>

・肥満がある場合はまず減量。

・挙児希望がある場合は排卵誘発を目的としてクロミフェン療法。クロミフェン療法無効例にはゴナドトロピン療法。それでも無効の場合は腹腔鏡下卵巣多孔手術。

 

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…