膵嚢胞

〈分類〉

真性嚢胞(上皮あり):先天性のものと、腫瘍、寄生虫などによる後天性のものがある。

仮性嚢胞(上皮なし):後天性の原因として、膵炎後(最多)、外傷性など

〈症状〉

上腹部腫瘤、疼痛、微熱

〈検査〉

血液検査:WBC↑、アミラーゼ↑など

エコー・CT:透亮像(water density mass

血管造影:動脈の編位・伸展・圧排、無血管野がみられる

〈治療〉

腫瘍性嚢胞に対して→摘出

仮性嚢胞は6週間は自然消失することがあるので経過観察し、消失しなければドレナージ

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…