概日リズム睡眠障害

個体の概日リズムが社会的なスケジュールに一致しないため、不眠や昼間の眠気、身体的不調などの不都合をきたす。

ヒトの概日リズムは24.5時間で、24時間よりも長めなので、睡眠の時間帯は早めるより遅らせるほうが簡単である。

時差型、交代勤務型、睡眠相後退症候群、非24時間睡眠覚醒症候群などに分類される。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…