概日リズム睡眠障害

個体の概日リズムが社会的なスケジュールに一致しないため、不眠や昼間の眠気、身体的不調などの不都合をきたす。

ヒトの概日リズムは24.5時間で、24時間よりも長めなので、睡眠の時間帯は早めるより遅らせるほうが簡単である。

時差型、交代勤務型、睡眠相後退症候群、非24時間睡眠覚醒症候群などに分類される。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…