自己免疫性貧血(autoimmune hemolytic anemia:AIHA)

≪病態≫
自己の赤血球に対する自己抗体が後天的に産生されることにより、溶血をおこす。
膠原病に続発することもある。
≪症状≫
貧血症状
溶血を反映して、間接型優位の高ビリルビン血症、高K血症、高LDH(1,2分画)
自己抗体産生を反映して、Coombs試験陽性。
≪合併症≫
特発性自血小板減少性紫斑病(ITP)を合併しやすい(EVANS症候群)
≪治療≫
副腎皮質ステロイドが第一選択
効果のみられない場合、免疫抑制剤や脾摘

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…