複視

物が二重に見える状態をいう。

臨床


  • 眼球運動麻痺によって起こるものの他に、吹き抜け骨折(外眼筋の絞扼などによる垂直方向での複視)や眼球偏位などが挙げられる。
  • 複視をきたす疾患としては、動眼神経麻痺、滑車神経麻痺、外転神経麻痺、眼筋麻痺(重症筋無力症、外眼筋ミオパチー)、核間麻痺、開散麻痺、輻輳麻痺、眼科腫瘍などがある。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…