複視

物が二重に見える状態をいう。

臨床


  • 眼球運動麻痺によって起こるものの他に、吹き抜け骨折(外眼筋の絞扼などによる垂直方向での複視)や眼球偏位などが挙げられる。
  • 複視をきたす疾患としては、動眼神経麻痺、滑車神経麻痺、外転神経麻痺、眼筋麻痺(重症筋無力症、外眼筋ミオパチー)、核間麻痺、開散麻痺、輻輳麻痺、眼科腫瘍などがある。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…