複視

物が二重に見える状態をいう。

臨床


  • 眼球運動麻痺によって起こるものの他に、吹き抜け骨折(外眼筋の絞扼などによる垂直方向での複視)や眼球偏位などが挙げられる。
  • 複視をきたす疾患としては、動眼神経麻痺、滑車神経麻痺、外転神経麻痺、眼筋麻痺(重症筋無力症、外眼筋ミオパチー)、核間麻痺、開散麻痺、輻輳麻痺、眼科腫瘍などがある。

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…