Vogtー小柳ー原田病

病態

原田病はぶどう膜炎を主とする眼症状と白髪、難聴、髄膜炎などの眼外症状を呈する全身疾患で、メラノサイトの存在する部位に炎症をきたすことからメラノサイトに対する自己免疫疾患であると考えられている。

症状

前駆症状として頭痛、咽頭痛、発熱などの感冒様症状がみられ、続いて後極部の漿液性網膜剥離を主体とした両眼性汎ぶどう膜炎を示す。炎症は肉芽腫性で豚脂様角膜後面沈着物、Koeppe結節、Busacca結節が出現し虹彩後癒着をみることも多い。

検査

蛍光眼底造影検査

髄液検査ーリンパ球主体の髄液細胞増多を認める

聴力検査ー感音性難聴を認めることが多い

治療

ステロイド全身投与

虹彩後癒着などでiris bombeがみとめられる症例に対してはアルゴンレーザー、YAGレーザーによる虹彩切開術(laser iridotomy)を施行する。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…