赤芽球癆〈pure red cell aplasia〉

《病態》
様々な原因により末梢血中の網赤血球数と骨髄の赤芽球とが著しく減少する疾患。

《分類》
先天性:Diamond-Blackfan症候群
後天性:パルボウイルスB19感染

《治療》
シクロスポリン・ステロイドにて治療。重症貧血に対しては赤血球輸血を行う。後者に関しては、ヘモクロマトーシスに注意する。

《合併症》
胸腺腫、重症筋無力症

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…