角膜移植術

角膜移植術

角膜に混濁をきたした症例に対して施行される。

日本では臓器移植法が整備されたが、手術待機中の患者数は未だ1万人にのぼる。このような日本の状況に対し、欧米では角膜は供給過剰である。角膜移植は拒絶反応の少ない臓器移植としても知られている。

原因

先天性、外傷性、角膜白斑、顆粒状角膜変性、水泡性角膜症などが挙げられる。最も多い原因は白内障手術後に発生する水泡性角膜症である。

術式

術式は、全層角膜移植術、表層角膜移植術、角膜内皮移植術、人工角膜移植術が挙げられるが、もっとも多く行われる術式は全層角膜移植術である。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…