転移性骨腫瘍

≪概念≫
続発性骨腫瘍の1つで、骨腫瘍の中では最多である。脊椎、次いで骨盤の順に高率にみられるが、大腿骨や上腕骨にも生じる。長管骨では、しばしば病的骨折の原因となる。好発年齢は、癌年齢の50歳以降である。
原発巣は、男性では、肺癌>前立腺癌>腎癌で、女性では、乳癌>肺癌>子宮癌である。
≪症状≫
自覚症状として、局所の疼痛や腫脹、病的骨折が認められる。また、脊椎転移があれば脊椎圧迫症状を認めることもある。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…