転移性骨腫瘍

≪概念≫
続発性骨腫瘍の1つで、骨腫瘍の中では最多である。脊椎、次いで骨盤の順に高率にみられるが、大腿骨や上腕骨にも生じる。長管骨では、しばしば病的骨折の原因となる。好発年齢は、癌年齢の50歳以降である。
原発巣は、男性では、肺癌>前立腺癌>腎癌で、女性では、乳癌>肺癌>子宮癌である。
≪症状≫
自覚症状として、局所の疼痛や腫脹、病的骨折が認められる。また、脊椎転移があれば脊椎圧迫症状を認めることもある。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…