運動視・形態視

下頭頂小葉を破壊すると物体の相対的な位置関係が分からなくなる。一方、下側頭葉を破壊すると、物体の弁別の障害が起こる。これらのことから、視覚情報処理には、異なる種類の情報が別々に処理される、並行性があることがわかり、動き、位置、空間情報は視覚野から頭頂葉へ向かう背側経路、形、色彩、形態情報は視覚野から側頭葉へ向かう腹側経路を通って並行的に処理されていることが分かる。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…