運動視・形態視

下頭頂小葉を破壊すると物体の相対的な位置関係が分からなくなる。一方、下側頭葉を破壊すると、物体の弁別の障害が起こる。これらのことから、視覚情報処理には、異なる種類の情報が別々に処理される、並行性があることがわかり、動き、位置、空間情報は視覚野から頭頂葉へ向かう背側経路、形、色彩、形態情報は視覚野から側頭葉へ向かう腹側経路を通って並行的に処理されていることが分かる。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…