骨盤底筋体操(ケーゲル体操)

骨盤底筋体操は、骨盤底筋群(尿道、膣、肛門の括約筋)の収縮と弛緩を繰り返すことにより、脆弱化した骨盤底筋を強くすることが基本である。
骨盤底筋体操を1日30~100回行えば、早ければ2週間、通常は3ヶ月~半年ほどで効果が現れることが多く、軽症の腹圧性尿失禁には有効である。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…