骨盤底筋体操(ケーゲル体操)

骨盤底筋体操は、骨盤底筋群(尿道、膣、肛門の括約筋)の収縮と弛緩を繰り返すことにより、脆弱化した骨盤底筋を強くすることが基本である。
骨盤底筋体操を1日30~100回行えば、早ければ2週間、通常は3ヶ月~半年ほどで効果が現れることが多く、軽症の腹圧性尿失禁には有効である。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…