骨盤底筋体操(ケーゲル体操)

骨盤底筋体操は、骨盤底筋群(尿道、膣、肛門の括約筋)の収縮と弛緩を繰り返すことにより、脆弱化した骨盤底筋を強くすることが基本である。
骨盤底筋体操を1日30~100回行えば、早ければ2週間、通常は3ヶ月~半年ほどで効果が現れることが多く、軽症の腹圧性尿失禁には有効である。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…