高プロラクチン血症

高プロラクチン血症とは、下垂体前葉からのプロラクチン分泌が過剰になった状態で、プロラクチン産生下垂体腫瘍や薬剤によるものが多い。20~30代の若い女性に多い。
①女性で、乳汁漏出性腺機能低下(不妊・無月経) ←PRL↑、LH・FSH↓
 男性で、性欲低下、乳汁漏出
②ときに頭痛、視野障害 ←下垂体腺腫が原因の場合の圧迫症状
③血液所見で、PRL↑
 などの所見がみられたら、高プロラクチン血症と診断する。
鑑別のために、次の3つのチェックを行う。
1.服薬中の薬剤のチェック
2.甲状腺機能検査
3.頭部X線、CT、MRI
治療
原因によって、治療は異なる。
1.プロラクチン産生下垂体腺腫(プロラクチノーマ)によるもの
 a.薬物療法(ブロモクリプチン、テルグライド、カベルゴリン)
 b.薬剤抵抗性、巨大腺腫では手術療法(Hardy手術)
2.視床下部・下垂体障害によるもの
 a.特発性では、ブロモクリプチン投与
 b.続発性(頭蓋咽頭腫、胚芽腫など)では、手術療法、放射線療法
3.薬剤性では服用中の薬剤中止
4.原発性甲状腺機能低下症に伴うものでは、甲状腺ホルモン補充療法

(参照:クエスチョンバンク)

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…