Dupuytren拘縮

手掌腱膜の瘢痕化による指の屈曲拘縮をきたす。進行性であり、中年以降の男性に多い。病態は手掌の線維腫症であるが原因は不明である。

中指、環指、小指などのMP、PIP関節に屈曲拘縮を認める。

両側発症が多い。(40-50%)
片側発症例でも1年以内に両側性となることが多い。

保存療法は無効で、肥厚した腱膜を切開・切除する。

注目の記事

角膜ヘルペス

症状 違和感、流涙、結膜充血、眼瞼浮腫。 炎症の程度、部位により、視力低下も訴える。 所見 上皮型の場合、角膜上皮に特徴的な樹枝状潰瘍を生じる。 実質に炎症が波及すると、角膜混濁、前房内炎症を認め …続きを読む…