Dupuytren拘縮

手掌腱膜の瘢痕化による指の屈曲拘縮をきたす。進行性であり、中年以降の男性に多い。病態は手掌の線維腫症であるが原因は不明である。

中指、環指、小指などのMP、PIP関節に屈曲拘縮を認める。

両側発症が多い。(40-50%)
片側発症例でも1年以内に両側性となることが多い。

保存療法は無効で、肥厚した腱膜を切開・切除する。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…