Dupuytren拘縮

手掌腱膜の瘢痕化による指の屈曲拘縮をきたす。進行性であり、中年以降の男性に多い。病態は手掌の線維腫症であるが原因は不明である。

中指、環指、小指などのMP、PIP関節に屈曲拘縮を認める。

両側発症が多い。(40-50%)
片側発症例でも1年以内に両側性となることが多い。

保存療法は無効で、肥厚した腱膜を切開・切除する。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…