医師の寿命

「医者の不養生」の言葉があるように、自らの健康管理には無頓着であったり、不規則な勤務体系から、一般に医師の寿命は短いとされる。京都の医師会員の平均寿命は男女平均で、1998年が74.1歳、2002年が77.3歳、2003年が76.6歳と日本人の平均寿命を統計的にも下回っている。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…