医師の寿命

「医者の不養生」の言葉があるように、自らの健康管理には無頓着であったり、不規則な勤務体系から、一般に医師の寿命は短いとされる。京都の医師会員の平均寿命は男女平均で、1998年が74.1歳、2002年が77.3歳、2003年が76.6歳と日本人の平均寿命を統計的にも下回っている。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…