医師の寿命

「医者の不養生」の言葉があるように、自らの健康管理には無頓着であったり、不規則な勤務体系から、一般に医師の寿命は短いとされる。京都の医師会員の平均寿命は男女平均で、1998年が74.1歳、2002年が77.3歳、2003年が76.6歳と日本人の平均寿命を統計的にも下回っている。

注目の記事

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & …続きを読む…