肺性心

〈概念〉

肺血管障害や換気障害によって肺高血圧をきたし、二次性に右心不全をきたした病態。

肺性心は臨床経過から急性肺性心(急性の肺高血圧をきたす疾患(多くは急性肺血栓塞栓)による)と慢性肺性心(慢性の肺高血圧をきたす疾患による)に分類されるが、一般に肺性心といった場合は慢性肺性心を指す。

〈誘因〉

肺血管障害型:慢性肺血栓塞栓症、原発性肺高血圧症

換気障害型:COPD、肺線維症

〈症状〉

労作時呼吸困難、頻呼吸、チアノーゼ、ばち指(低酸素血症による症状)

頸静脈怒張、肝腫大、全身性浮腫(右心不全による症状)

〈検査〉

右心不全により、以下の所見を得る。

聴診:Ⅱp音亢進、Graham Steel雑音

胸部Xp:左第2弓(肺動脈主幹部)の突出

ECG:右軸変位、右室肥大、肺性P

心エコー:右室内腔の拡大、右室前期駆出時間の延長

右心カテーテル検査:肺動脈圧(PAP)↑

左室は正常なので、肺動脈楔入圧(PAWP)正常(12mmHg以下)

〈治療〉

基礎疾患の管理が基本

基礎疾患の管理・治療

低酸素血症に対してO2投与

右心不全に対して、利尿薬、強心薬など

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…